豊かな森と川の命

 

然別湖にそそぎ込む川『ヤンベツ川』を中心に川やその周辺の森を観察します。

体を胸の辺りまで包み込む大きな長靴”胴長”を履き、箱メガネという水中をのぞき込む

道具を使って水の中に住む生き物を観察します。

 

ヤンベツ川では固有種(地球上でここにしかいない)のミヤベイワナをはじめ、ニジマス、サクラマスなどの魚類、そして水生昆虫など、多様な生き物を観察する事ができます。また、川の生き物を食べるために水鳥や猛禽が集まります。

実施時間 09:00/13:00

所要時間 2時間

料金

大人4000円/小学生3000円

お一人様料金5000円

 

※靴サイズ22cm以上

ミヤベイワナ

(Salvelinus malma miyabei)

然別湖固有種。

北海道内に生息するオショロコマの亜種。貧栄養環境でも生息できるように鰓耙(さいは)を進化させた。

 人為的な移入種であるニジマス、サクラマスの増加、ウチダザリガニによる湖内環境の変化により、生息数が減少しつつある。鹿追町による養殖事業により個体数の維持をすすめている。なお、然別湖の一部(北岸水域)と流入河川は、『然別湖のオショロコマ生息地』として、北海道の天然記念物に指定されている。

ハコメガネで覗く水の中。キレイ(^^)v

 ハコメガネで水の中を覗くと、色々な場所に魚がいます。魚たちの活き活きとした姿を観察。とてもかわいらしい姿を見る事ができます。

足下までやって来る魚たち。カワイイ☆

 禁漁の川です。魚たちは人と関わりが少ないため、人間が近づいても逃げません。足下に寄ってくる魚たちをじっくり観察してみましょう。

広がる原生林と川の関係。興味をそそられます◎

山と森。森と川、そして生き物たちの姿。本来の自然のかかわりについて見つめる事ができます。

TEL 0156-69-8181

キレイ(^^)v